校章アップリケ刺繍とは...

アップリケ刺繍とは、所定の形状に切り抜いた金や銀の台紙の周囲を金糸などで綴じる手刺繍の技法のひとつです。祭礼衣装や舞台幕にマークや文字を施工する際によく用いられる工法で、使用する部材の組合せにより多様な表現が可能です。

一文字幕の校章は直径30cm~50cm、袖幕の文字は10cm角のサイズが一般的です。金ラメ台紙の周囲を金糸で縁取る配色が一般的ですが、最近はフルカラーで表現する校章も増えてきています。

内装業者様やカーテンメーカー様の下請けも承ります。実際に使用する部材のサンプルや、確認用のイメージ図案も当方でご用意いたしますので、お気軽にお申し付けください。

校章1 アップリケ刺繍

金ラメ台紙、銀ラメ台紙、ブルー台紙の周囲を金糸で縁取りました。3枚の台紙を重ねて立体的に表現しています。

校章2 アップリケ刺繍

フルカラー出力した特注の台紙を使った校章。刺繍糸も台紙の色に合わせました。多色の図案に対応した新工法です。

校章3 アップリケ刺繍

フルカラー出力した台紙を使ったアップリケ刺繍。台紙のグラデーション処理と金糸の刺繍の組合せが美しい校章です。

ご注文・お見積りは...


FAX076-262-5755

MAIL→ メールフォーム

ご注文やお見積りのご依頼はもちろん「こんなの作りたいんだけどどうすればいい?」など、何でもお気軽にお問い合わせください。

画像などを添付される場合は弊社メールアドレス宛に直接ご連絡ください。 → tamasaku@ceres.ocn.ne.jp